婚活コラム集

婚活コラム集

今、婚活している人や、今から婚活しようと思っている人の…

現在、婚活している女性や、これから婚活しようと思っている女性の婚活でやっているパーティーを含む、結婚活動時のファッションについては、ハッキリした色は着用しないのが良いです。特に黒・赤は避けたほうが良いです。この2色については成功確率をがくんと落とすので要注意です。
婚活コラム集

万が一あなたが、お見合いパーティーでのフリータイムで・・

もしあなたが、お見合いイベントのフリータイムの際に、どなたからも話しかけられなかった場合、地獄を見ます。いたたまれなくなり、即座にその場所から消え去ってしまいたくなるほど悲惨でかなり悲しい気持ちになるでしょう。そういった、できれば経験したくない災難を完全に防ぐために、お見合いパーティーを含む婚活イベントに行く前に意識しておきたいとても大切なポイントがあります。
婚活コラム集

私が婚活パーティーとか結婚相談所に登録する前は、マッチングサイトも行っていました。

婚活でやっているパーティーとか結婚相談所に登録する前は、並行してマッチングサイトも活用していました。自己紹介欄を拝見してみて相性が良さそうだと思った人にメールを出してみたり、その反対に送ってもらったりして、何回かサイト内でのやり取りをして意気投合して、いい感じ…とここまでは決まってわりと進行するわけですが、どういう訳か「近々お時間があったら一度会いませんか」と申し出たら、「この頃多忙で、時間を作るのは難しい」という感じで聞き入れられないことが本当に多くありました。
婚活コラム集

婚活を真面目に考えている層といえば、シングルファザー、シングルマ・・

結婚活動に強い関心がある層といえば、シングルファザー、シングルマザーのように、家族持ちな男女です。こういった場合だと、それなりの経済的な力がある場合なら、比較的、有利になりますが、逆に経済力に問題がある場合は、独身の人たちよりも不利になりがちです。そこで、シングルマザー、シングルファザーの人に適しているおすすめしたい結婚活動方法があります。
婚活コラム集

婚活中の男女が不安材料として持つ悩みの多くが相手との会話です。

婚活中の人が持つ悩みのひとつが、コミュニケーションではないでしょうか。「話しがうまく盛り上がらない」と悩みを持つ人は、結構多いのです。「どういった会話をしていいのか全くわからない」とよく耳にしますが、無理に頑張ろうとしないことです。そして、緊張しすぎてしまわないようにリラックスしましょう。
婚活コラム集

仮に、自分が、社交的であると思うなら、パーティー形式での婚活のほう…

自分についてあなたが、社交的であると思うのなら、パーティー形式での婚活が適していると思います。通常の婚活サイトだと、初めはお見合いができるシステムであることが多く、緊張するムードのまま、相手に自身をアピールしなくてはなりません。従って、例えばあなたが、社交性があるならば、多人数が集うにぎやかな雰囲気の、パーティーに参加したほうがよりよい結果を残す可能性も高くなるでしょう。
婚活コラム集

結婚についての情報が載っているゼクシィという結婚情報…

結婚の色々な情報が書かれたゼクシィという結婚情報誌のテレビコマーシャルを見たことがあると思います。知る人も多い、ゼクシィのマッチングサービスであるゼクシィ縁結びの場合、入会した方の5人のうち、およそ4人、つまり、およそ80パーセントが利用を始めた日から約6ヶ月の理想に近い相手との出会いを経験しているといった数字が存在しているとおり、真面目に婚活をしていきたい人にピッタリなサービスといえます。
婚活コラム集

「結婚活動系サイトはなんとなく怖いし、危険だ」という…

「結婚活動サイトを使ってみたいけど、なんとなく怖いし、危険だ」と思っている人はまだ多いはずです。実際に、婚活アプリが登場しはじめた頃は、婚活アプリを悪用する輩や、あってはならない個人情報が漏洩したりするトラブルが数々ありましたが、この頃は、大手上場企業も参入しはじめ、様々なトラブルへの対策もしっかり整備されているため、サイトができたころほどリスクもなく、利用される人も年々、増加しているのが現状です。
婚活コラム集

常識的に婚活ときくと、年齢の若い男女を対象としているもの…

これまで婚活というものは若いものだけだと思っている人も多いですが、実際はそれは大きな誤解です。現実には、「シニア層」を対象とした結婚活動サイトのサービスが増えているんです。男性の場合だと50歳より上で、女性の場合は45歳より上であることが登録できるのです。
婚活コラム集

姉、妹と仲の良い男性とのお付き合いは、結婚後のことを考えたとき・・

姉もしくは妹と仲の良い男性と付き合っている場合、いざ結婚後を考えるとなると、なんとなく気が重くなり躊躇してしまう人もいると思います。あなたを基準にみれば、結婚後は義理の姉または妹かもしれませんが、夫となる人にとっては、とても大事な家族という事実は変わりません。