私が婚活パーティーとか結婚相談所に登録する前は、マッチングサイトも行っていました。

婚活でやっているパーティーとか結婚相談所を始める前は…

  • 婚活パーティーとか結婚相談所に登録する前は、並行してマッチングサイトも活用していました。自己紹介欄を見て気が合いそうだと思った相手にメールを送信してみたり、その反対に受信したりして、サイトの中でのやり取りを行って意気が合って…とここまではいつでもとんとん拍子に進むわけですが、どうした訳か「近いうちお時間があえば一度会いませんか」と切り出したら、「この頃多忙で、時間を作るのは難しい」という感じで断られることが多数ありました。理由はよくわからないのですが、もしかしたらメールでするやり取りだけで十分なのか、とにかく先へ進むことが他のものとは異なって大きな障害なのです。メールでのやり取りだけだとその時間がもったいないと思うのですが、男性側はそうではない人が結構たくさんいるみたいです。そんなわけで私は早々にマッチングサイトはやめました。メル友を求めている人でないなら、その他のやり方の方がマッチングサイトより何倍も早くパートナーを発見できると感じます。

  • ネットの婚活サイトを利用して、そのサイトで知り合い、付き合うことになった女性と…

  • ネットの婚活サイトに入会し、見つけ、付き合うことになった相手と私の旦那と同じ会社の人が、ついこの間、ゴールインしたそうです。その人は主人と歳が近く(主人は40代半ばです)周囲からは、「一生独身でいる」なんて思われていたそうです。ですが、実際には結婚に興味がなかったわけではなくただ単に家庭を築きたいと思う女性と知り合う機会がなかっただけのようです。結婚することになった、と聞いた際は周りの人たちも私の旦那も、ビックリしてしまったそうです。と同時に、結婚したいと思える相手が見つかってよかったと、誰もが思ったそうです。このまま50代になっても独身、というコースを避けられて本当に良かったと夫も思ったそうです。後々、聞いた話によるとその男性は、半分は諦めの気持ちで婚活サイトの会員になったようです。成功確率を気にせず、婚活サイトで相手を見つけてみるのも可能性を拡げる意味でアリかもしれないと感じました。婚活サイトが注目されるのは独身で悩んでいる人が相当多い証拠なのでしょう。本当にすごいです。

  • 婚活は、決まったルールというのはありません。

  • 婚活では、こうしなくてはいけないというやり方は存在しません。だから、単独で行動しても問題はありません。しかしながら、単独で動くと行動する範囲が限られてくるので、当然ながら異性との出会いのチャンスも少ないのが現状といえます。自分が結婚活動していることを周囲の人に知ってほしくないという気持ちが、そのような行動になってしまうのだろうとは思うのです。でも、自分の理想とする相手を見つけたいと本気で思っているのなら、「結婚仲介業者(相談所など)」に頼るのが効率的といえます。一人で婚活することに比べたらはるかに出会いのチャンスは多くなります。当然コストは必要ですが、自分のこの先の未来を考えたら、そういった点を加味すると、さほど高額ではないはずです。