常識的に婚活ときくと、年齢の若い男女を対象としているもの…

いままでは婚活というのは若い男女を対象としているも・・

  • 常識的に婚活というものは若い男女を対象としているもの、という風に思われる人が多いですが、実際にはそれは大きな誤解です。現実は、「シニアの人」を対象とした婚活系サイトが徐々に増えつつあるのです。男性の場合だと50歳より上で、対する女性は45歳以上の方が入会条件に設定されていたりします。今まで、独身でいた方も利用が可能ですし、気持ちをリフレッシュし、新たな人生を新しい相手と一緒に生活していきたい、という人たちも参加できるこれまでの結婚の有無に関係なく、登録できる結婚活動サービスとなります。このようなシニア層向けの結婚活動サイトは、入会時にそれなりの審査がありますが、厳しい基準が設けられているサイトであれば、利用者もより安心して、心配することなくパートナーを見つけることができます。
  • 「結婚したいなら、男性の胃袋をつかめ」と格言のように言われていて、耳にした事のある人も多いとは思います。そし…

  • 「結婚を考えるなら、男性の胃袋を掴んだほうが良い」というのは古くからの定説です。そして、おおむね正しいといえます。なぜかというと、結婚したら、一緒に暮らすことになります。そうすると、当然、まいにち一緒に食事することになるので、やはり料理好きであり家庭的な女性が必要とされるからです。ですが、「どのような料理が得意ですか?」と相手に質問されたとき、パスタ及びカレーライスと返すのはタブーですし、その後の印象を悪くするので要注意です。男性の多くは、パスタを軽食レベルのものと感じています。そしてまた、カレーに関しては答えがありきたりで、余程オリジナリティのあるものでなければ得意料理ですと答えられても男性はガッカリするでしょう。「あなたはどういった料理が得意ですか?」と質問されたときに、おすすめするメニューは「親子丼」です。気取ったイメージはありませんし、家庭的な雰囲気にピッタリなのですが、盛り付けが意外に難しい料理でもあります。そのため、料理上手、と思ってもらうことができますし男性からの評価も良いので、実際に作成練習をしてみてください。
  • 結婚活動(婚活)では、結婚を考えたとき、相手に何を求めるかと聞かれた…

  • 婚活(結婚活動)をしている人のなかには、結婚を考えたとき、相手に何を求めるかと聞かれればお金よりも愛情に重きをおいているなんて言う人がいますが、現実、プロフィールで最初に目が行くのは顔なんです。次に年収、次に職業の順番で見ていきます。それを裏付けるように、ぶさいく、は候補になることもありませんし、年収が500万以下の男性は女性との出会い自体がかなり厳しくなります。職業に関して女性の場合ですと、いい年で家事手伝い、と書くと、家計を支える気持ちがない、と男性からは判断されてしまい、結婚相手としてはずされる可能性が高いです。こういったような婚活市場で求められている部分を理解していないと、会って話をすることすらなく、失敗ばかり、といった事になりかねないです。