「人は外見で判断しない、中身が大切だ」と言われますが、これ・・

「人は見た目じゃない、中身が大切だ」という風に言われますが・・

  • 「人は外見で判断しない、中身が大切だ」なんて言われますが、正しくもあり、間違いでもある、と思います。結婚するなら、100%相手の中身(性格・価値観など)は重要です。だけど、心理学的には人というのは第一印象で相手を判断し、おまけにその後の評価にもつながると言われています。(しかもたった数秒でです)つまり、自分の意図しない部分で相手に対しての印象が決まってしまうということです。そのため、結婚活動を成功させるには、まずは、好印象を相手にもってもらう、ということが本当に大事なことなのです。いつも張り切っているのがバレバレな服装または、ブランド物のバッグやアクセサリを持っていたとしたら、常識で考えると普通のセンスを持った女性は引かれていしまう可能性があるので要注意です。あなたの求めているパートナーがそういった人なら、何も問題ありませんが、もし、普通の女性をパートナーにしたいのならば、相手の女性と同じ普通の格好のほうが良い場合も多々あるのです。そのままの自分でも不安にならなくてもいいのです。

  • 婚活によって意気投合した人との連絡を取り合うツールに…

  • 結婚活動で出会った人との連絡を取るツールにLINEを活用するのは避けたほうが良いでしょう。LINEなどのSNSサービスは、気軽で経済的という魅力はあるものの、関係が近くなりすぎてしまうため、「結婚を前提とする真面目なお付き合い」という観点からすると関係がうまくいかなくなるリスクになり得ます。メールを含む、携帯電話上でのメッセージを使うのはできるだけ頻度を抑え、会話を第一として婚活しましょう。そうすることでお互いを知りあうには絶対的に会話が有利だからです。直接、会話でコミュニケーションをとることで、メッセージ上で生じる誤解をなくし、互いの結婚に対する価値観を確かめ合うことができますし、おまけに結婚までの時間をムダにしなくて済みます。つまり、直接のやりとりをしてこそ結婚活動(婚活)をしていく上では重要であり、意味のある婚活と言えるのです。

  • 婚活を成功させるために、幾つかのポイントがあります。

  • 婚活を成功させるためにも、いくつかの点に注意を払っておかなくてはいけません。その注意しておくべきことというのは、「3回目のデート」で、この3回目のデートは、その後の婚活に多大なる影響を及ぼすことになりかねないからです。大抵の場合において、初めてのデートのときや2度目のデート時でも、お互いにそれなりの緊張感がしっかりあるので、大きなミスは防ぎやすいものの、デートが3度目ともなると、相手に慣れてきて、段々とつい相手に悪い印象を与えてしまい、その時点で婚活が失敗に終わることもあります。「子供の頃からある悪いクセがなおらない」といったように、無意識に悪いことをするという方は特に心配しておきましょう。無意識に出る癖はいろいろありますが、例えるならば、話しているときに、無意識に爪を噛む、髪を必要以上にいじる、鏡でチェックする、食べ方が汚かったり、箸をきちんと持てないなど、誰かに指摘されないと自分では気付かない癖があるので婚活相手に不快感を与えないように、マナーを再チェックしてください。