相手を見た目の印象だけで決めつけてはいけないと習いましたが・・

人を見た目の印象だけで判断してはならない、なんて言います・・

  • 人を見た感じだけで決めつけるのはよくないことだ、なんて言いますが、婚活においてはそういったルールは一切通用しません。汚い服装や、へんなヘアスタイルのままでいると、初めて会った時の汚いと感じさせてしまった第一印象を挽回することはかなり難しいもので相手から引かれてしまいますし、誤解されてしまい、次に会ってもらえる確率も限りなくゼロに近いです。残念なことに、名誉挽回することも出来ないまま終わってしまいます。加えて、イケてない人、という記憶だけは残り続けるので、自分の知らないところで笑い種の種になることもあり、住んでいる場所が近い場合は、共通の知人やコミュニティがあるといったこともあり得るので、もし、ばったり会ってしまった場合には、相当気まずい思いをするはずです。第一印象は大切です。

  • 結婚活動中のデートをするときには、服装やメイクだけでなく、靴にも気を配っておかなくてはいけません。

  • 婚活時のデートをするのであれば、メイクや服装だけでなく、足元まで気を配らなくてはいけません。デートで履く靴は思いのほか注目されるところでもあります。なので、気を付けておきたいところです。女らしさというのは結婚活動をする上で、かなり大事な要素と言っても過言ではないのです。靴は、女性らしさを感じさせるためのアイテムといえます。カジュアルすぎるローファー及びスニーカーは避けます。そしてまた、フラットなパンプスならばいいのかというと、そんなに女性らしいとは認識されません。及第点といえるのは、3センチ前後のヒールが女性らしさもあり、上品でシチュエーションには適しています。ですが、ヒールが好ましいとはいえ、ほどほどが肝心で、7センチを超えるタイプは、脚はきれいに見えますが、家庭的な要素から乖離しているとして、関係が続かなくなるキケンもあるので、極力履かないようにするのがいいと思います。

  • 半世紀もの長い間、ともに仲良く生活している夫婦のことを…

  • 非常に長い間、年月を一緒に親しく生活している夫婦を世間では、「おしどり夫婦」と表現しますが、愛情のみで良い夫婦関係が続く保証はありません。いかに相手の嫌だと思う部分を受け止められるかも関係を続ける上では大切だったりします。結婚してもすぐに別れてしまう夫婦も、その元凶となることは、パートナーを許容できない出来事が積み重なっていくことだと思います。結婚してからの生活が始まってしまえば、当然ながら、毎日顔を合わせなくてはならないので、あなたにいい人ができても今まで、すぐに関係が壊れてしまうことが多かったと自覚のある人は、その相手のしぐさや、口癖などにカチンと来ても、時間が経ってしまえば、許せるか否かを試して見るといい。いくら時間がすぎても、イライラしているようでは、結婚生活には向かないかもしれません。もしも、相手の言動にモヤモヤしてしまう場合は、結婚したあとに、毎日のようにケンカが絶えず、あなたの心身を蝕む可能性も考えられます。