「結婚をしたいなら、男性の胃袋をつかむべし」と昔から言われていて、聞いたことのある人もいるとは思いますが、…

「結婚をしたいなら、男性の胃袋をつかむべし」と古くから言われているわけです。そして、…

  • 「結婚を考えるなら、男性の胃袋を掴んだほうが良い」というのは古くからの定説です。そして、それは真実だと思います。なぜかというと、結婚をした場合、普通で考えれば、ともに同じ屋根の下に暮らすことになるわけですが、そうなれば、言うまでもなく、ともに食事をしていくので、料理好きであり家事を嫌がらない女性が必要とされるからです。ただし、「あなたはどういった料理が得意ですか?」と相手に質問された際、カレーライス及びパスタと答えるのは避けておいた方が良いです。男性というのはパスタではお腹がいっぱいになりません。それに、カレーは時間がかかる割に、ありきたりな感じになってしまうので、ルウもオリジナル、ぐらいでないと得意料理ですと答えられてもガッカリされてしまいます。「あなたの得意料理は何ですか?」と男性に聞かれたときに、お勧めのメニューは「親子丼」です。気取ったメニューでもないですし、家庭的な雰囲気がありながら、食欲をそそる見た目に仕上げるのは難しいメニューでもあります。そのため、日頃から料理をしているんだな、と思ってもらうことができますし男性からの印象も良いので、実際に上手く作れるように練習しておくと良いでしょう。
  • 結婚活動(婚活)において、結婚する相手に求めることとして…

  • 結婚活動をしている人のなかには、結婚を考えたとき、一番に何を求めるかと聞かれたときお金よりも愛情が大事と言う人もいるでしょう。けれども、現実、プロフで一番最初に目が行くのは顔なんです。次に年収(経済力)、次に職業の順番でチェックされます。そういう証拠にルックスがよくない人、は異性から距離を置かれますし、年収が500万円以下の男性の場合、会うこともできません。職業について女性の場合は、セレブでもないのに家事手伝い、と記入すると、仕事をして家計を支える気持ちなんてない女性、と男性から判断されて、結婚対象としてはずされる可能性が高まります。このような婚活で求められている部分を理解していないと、まず第一段階の会える段階すら踏めず、何十連敗となってしまうと最悪なパターンに陥ってしまうかもしれません。
  • 「婚活サイト系を使うのはなんだか怖いし、危険だ」と踏み出せない人は少なくないはずです。

  • 「結婚活動系サイトを利用するのは、なんとなく怖くて踏み出せない」と踏み出せない人は少なくないと思います。たしかに、結婚活動アプリができた頃には、婚活アプリ内でトラブルが起こったり、個人情報が漏れてしまう事件など色々とトラブルが発生していましたが、最近では、大手上場企業が運営していたり、トラブルへも未然に防げる色々な対策が取られているため、サイトができたころほどリスクもなく、利用者の数も増え続けているのが現状です。ですが、心配であれば、フェイスブック対応の婚活サイトを使用されるのがお勧めです。また、というのも、フェイスブックというのは、本名以外では登録ができないので、より安全な形で出会える強みがあります。