無頓着そうな男性であっても、けっこう女の人の手を見ていたりします。

無頓着に見える男の人でも、意外と女性の手に視線を送ったりします。

  • 男性は、意外に女性の手を見ています。なので、どんなにメイクがバッチリで素敵なかわいい女性が、手が乾燥してボロボロだったり、指先の手入れをしていないと、ガッカリされる可能性があるので注意してください。しかし、なにも特別な手入れが必要というわけではないのです。料理した後や寝る前に手が乾燥しないように、いつもハンドクリームを使って保湿する程度のケアで大丈夫です。これで、爪の部分もきれいな状態を保っておけます。指先のおしゃれにも気を遣って、きれいにしておくのはとても素晴らしいことですが、逆にネイルを凝りまくっていると男性が引いてしまうことがありますから、控えめにしましょう。

  • 定期的に参加している婚活を目的とするパーティーの場で…

  • 何回か参加したことがある婚活を目的に行われるパーティーで、昔のクラスメイトと遭遇してしまったことがありました。私が結婚するために婚活していることを周囲に知られたくなかったので、コッソリと進めていたのに、パーティー会場で、なんとなく見覚えのある男性が。このタイミングで学生時代のクラスメイトと再会するなんて!パーティーが始まってすぐは、どこかで見た、ぐらいの認識だったのですが、会話する機会があったときに、名前の書かれたプレートに目を向けて、そこでやっと思い出したのです。お互いに初対面でないことに彼も気が付いていたようで、相当気まずそうな態度をしていました。ですが、誰にも知られたくなかった婚活がバレてしまい、私は、その比ではないほど、恥ずかしかったです。

  • 40歳を超えて、結婚する相手に出会うことができない・・

  • 40歳を過ぎた人たちが、結婚相手に巡り合うことができない、だから結婚できないというのはウソ。40歳以上に限らず、真摯に結婚相手を探し、相手に断られてもめげない人ならいつかは結婚のチャンスはあります。その年齢まで残っている人たちは、それぞれが様々な経験をしているため、結婚相手の性格は、こうでなくてはならない、さらに、年収はいくら必要だし、ルックスは、、みたいに完全に決めつけてしまっていることが結婚を妨げる原因になっているのです。つまり、自分の固定観念により、婚期を遅らせてしまっているのわけです。そして、40歳以上の人たちは、一人でいる期間が長かったこともあり自分ではそう感じていなくても楽をしたいという想いもあって、とうぜん相手に対して求めることが高くなってしまう。自身では気づきにくいことですが、周りから見れば、もしかして「高望み」なのかもしれません。