「子供も持ちたいし、結婚にも興味があるものの、今結婚活動するのは時期尚早かもしれない…

「子供も欲しいし、結婚はしたいけれど、今結婚活動するのはちょっと早いかも」…

「結婚願望はあるけれど、今はまだ婚活をするには早いかな…」なんて思っているのなら、実はそれは大きな間違いです。また、女性は婚期を逃さない意味でも、20代から結婚活動を意識しておくのが無難です。20代の女性と30代とでは、正直、需要がかなりの差になって現れます。当然ながら、若い女性の方が婚活では有利になり、理想の男性をゲット出来る確率もアップします。加えて、婚活は自身で想像している以上にパートナーに出会い、結婚するまでの時間が掛かります。結婚活動歴が数年あるのに、あなたの理想とする相手が見つからない、という女性は少なくありません。だから、「こんなはずじゃなかった」と後悔する前に、できるだけ、早めに婚活を検討しておくのがお勧めです。

私自身が結婚活動(婚活)を実践していこう、と思ったと…

私自身がいざ、結婚活動を実践していこう、と真面目に思ったとき、婚活の意味だけは知っていたものの何から始めれば良いのかわかっていなかったのです。パートナーを見つけ、結婚するための活動を総称して婚活と言うのですが、思い浮かんだのは、結婚相談所でしたが、すぐに結婚相談所での会員になるのは、かなりの出費となりますし、ちょっとテンションが下がりました。結局は友人に相談したり、インターネット検索してみて、婚活でするパーティーやマッチングアプリを選ぶことにしました。最初は何をしたら良いのかわからない人や相談できる人がいない場合、なかなか行動できないかもしれません。そのため、自治体や国が婚活を推進してくれる制度があれば良いのに!と願うばかりです。

結婚活動中の男性に対し、聞いてはいけないタブーともいえる質問があります。

婚活中の男性に対し、聞いてはいけないタブーともいえる質問があります。それは、給料・勤務先・クルマ、の3つです。こういう質問をすることがいけない理由は、結婚相手としてふさわしい男性か知りたい、と願う気持ちも分かりますが、初対面の状況でいきなり質問しても、ダメです。それでも、結婚生活にはお金も欠かせません。ですから、男性の経済力を必要とするのなら、年収が何百万円以上と条件が備わっていたり、もしくは、限定会員のみで構成される婚活でするパーティーまたはマッチングサイトなどを最初から活用するべきです。その手のサービスであれば、上記の男性に引かれてしまう質問をすることなく、おおよその男性の経済力をチェックできます。婚活(結婚活動)での成功率を高めたいなら、自分から「お金」に関する質問はなるべく避けるべきです。