結婚活動(婚活)をしてみるとどういう訳か、体も心もめちゃくちゃ疲れます。

実際に婚活をしてみると分かりますが、どういう訳か、心も体もすごく疲れます。

  • 実際に結婚活動(婚活)をしてみるとわかることですが、心身共にとても疲れます。結婚活動(婚活)に取り組みだしてから、普通に恋愛をしたのちに、問題もなく結婚している人たちを見ていると、ものすごい偉業を成し遂げた人みたいに考えてしまいます。これまでのライフスタイルに結婚活動(婚活)、というものを加えただけで、なぜ、そこまで疲れるのかなあとよくよく考えた結果、「それなりに努力しているのに、理想とする男性にいつまで経っても巡り会えない」のが問題なのでしょう。年齢が40歳直前になっても結婚活動していると、自分よりも男性のほうが若いことも多く常識もない人ばかりに毎回ではありませんが、婚活の場で出会うこともあります。そのようなタイプの人と接すると、かなりのストレスに・・・。名前も教えてもらえなかったり、あいさつしない人、職業を隠したまま口説いてくる人、社会人として問題のある人は、相当にイライラします。周囲の人たちのようにただ普通に結婚したいだけなのになぁ。

  • ネットの婚活アプリで出会った男性に、なんとセールストークに持ち込ま・・

  • インターネットの婚活に関するアプリをキッカケに出会った人に、本当に驚きましたが、キッチン用具を売りつけられそうになったことがあります。私にセールスをしようとした人のプロフィールの画像が素敵でプロフィールには会社経営、収入もかなりあり、そのうえ、まだ25歳でした。そんなイケメンが、どういうわけか私のことを気に入ったらしく、不審に思いながらも、ワクワクしながら実際に会うと、案の定、ネットワークビジネス(ねずみ講)のセールスを仕掛けてきたのです。しかも、怖いぐらい執拗で、断るだけで疲れました。このような理由もあり、条件があまりにも揃いすぎる相手は、あなたも警戒しておいた方が良いかもしれません。

  • 私が初めて結婚活動で行われるパーティーに参加した・・

  • 私が初めて結婚活動でやっているパーティーに行った際、見事に失敗しました。当時は、婚活をスタートさせてから日が浅い初心者だった事もあり、婚活目的のパーティーの雰囲気などもわからず、一緒にパーティーに出席する友達とも当日に着ていく洋服の打ち合わせをしないまま何も考えずに出席しました。会場に入って周囲を見ると、参加している女性はみんな、スカートやワンピース、パンツでも女性らしい雰囲気でした。その点、私の格好はというとカズレーザーみたいな真っ赤なトップスに真っ赤なパンツといったいで立ちでした。そして、上着には黒のライダースジャケット、靴は黒いブーツという場違いもいいところなファッションで参加です。もちろん、そんな私は会場では浮きまくってしまい、誰かに声をかけてもらうことも一切なく、イスでたった1人で座り、何もしないままパーティーは終了、となりました。思い出すたびに恥ずかしいですし正直、人生でこんなにはずかしい経験はほとんどしたことがないです。この失敗を生かし、結婚活動でするパーティーに行くときは、事前に友達と服装について打ち合わせをするようにしています。