結婚活動を実践中の女性に、ぜひ身に付けてほしい色があります。

婚活時の女性に、ぜひ取り入れてもらいたい色があります。

  • これから結婚活動をする女性に、ぜひ身に付けてほしい色があります。それは、婚活のラッキーカラーであるピンクです。婚活パーティーの場面や普段のコーディネートにもラッキーカラーである「ピンク」を取り入れてみてください。しかし、ピンクといっても色々です。取り入れてほしいピンクは、派手な目にきつい感じのピンクとは意味が違うので、それだけは要注意です。恋愛、結婚運の意味合いでピンクを使う場合は、ふんわりとした雰囲気を感じられる淡い感じのピンクを活用して婚活を考えていきましょう。肌のハリや潤いがあり、あなたが、若さを強調できる人であれば、ピンクを首回りにあしらえば肌をより生き生きと見せられます。更に、あなたが、気の強い雰囲気によって敬遠されがちな女性ならば、インナーに淡いピンクを選ぶと雰囲気にトゲがなくなり、品の良い落ち着いた雰囲気が次第に出てきます。とはいっても、ピンクをどうしても使いたくない、といった人は、ハンカチのみ変えてみてください。

  • 「人は見た目で判断しない」という風に言われますが、正しくもあり、間違いでもあります。

  • 「人は外見で判断しない、中身だ」なんて言われますが、これは正しいし、また間違いでもある、と思います。生涯を共にするとしたら、100%中身(性格)は大切な部分です。けれども、心理学の観点では人というのは見た目で人を判断し、またその後の評価にもつながるとされているのです。(しかもたった数秒でです)つまり、自分の意思とは関係なく初対面の相手に対しての印象が決まるということです。そのため、結婚活動(婚活)では、好印象を相手に与えることが本当に大事なのです。毎回張り切っているのがバレバレな服装または、ブランド物で着飾っていたとしたら、庶民の女性だったら引いてしまうこともあるようです。求めるパートナーがそんな人なのであれば、なんの差支えないのですがあなたが普通の女性をパートナーにしたいのなら、普通の格好をしているほうが良いケースも多くあるのです。そのままの自分でも大丈夫、ということです。

  • 婚活によって知り合った人とのやり取りツールとしてLINEなどのSNSサービスを活用する・・

  • 結婚活動(婚活)によって出会った人との連絡手段にLINEを利用するのは控えるべきです。LINEなら、気軽で経済的であるという利点はありますが、フランクすぎる間柄になってしまいやすく、「結婚を前提とした正式なお付き合い」というスタンスには不向きだからです。メールもですが、なるべくメッセージのやり取りをできるだけ頻度を抑え、実際に会話をするのが一番。会話でコミュニケーションをとることによって、メッセージでの誤解を抑え、互いの結婚に対する価値観や気持ちを手短に確かめ合うことができますし、おまけに結婚までの時間をムダにしなくて済みます。直接のやりとりをしてこそ結婚活動(婚活)を成就させる場合に重要なことであり、メッセージの連絡は可能な限り控えましょう。