現在、婚活中の女性や、今から婚活しようとするつもりだという女・・

今まさに、婚活している人や、これから婚活しようと思っている女性の…

  • 今まさに、婚活中の女性や、これから婚活しようと考えている女性の結婚活動イベントを含む、結婚活動をしていく上でのファッションでは、原色などのきつい色は着用しない方が賢明です。中でも黒や赤は着ないほうがいいです。この2色は成功率をがくんと落とすので要注意です。それと違って、ベージュ系、ピンク系、ラベンダー系が人気が高く、男性受けしやすいとされています。お化粧も同様に、普段、アイライン・マスカラで、しっかりアイメイクをしているという人は、可能な限り、丸みを帯びたメイクを意識し、控えめにしておいた方が理想です。そうすることで、婚活の成功率が高まるでしょう。リップも赤系、ベージュ系は避けておき、淡いピンクのつやのある感じを意識し、カバン・アクセサリーについては、ブランド物は避けたほうが得策です。婚活に参加する男は、ブランド物で着飾る女性や化粧が派手な女性は嫌ですから。

  • 人を見た目の印象だけで決めつけてはいけないと教わってきましたが…

  • 相手を外見で決めつけるのはよくないこと、と教わりますが、婚活(結婚活動)においてはそのようなことを考えるだけムダです。汚い服装や、へんなヘアスタイルのままでいると、初めて会った時の汚いと感じさせてしまった第一印象を振り払うことはかなり難しく異性から逃げられてしまいますし、誤解されやすく、また会えるチャンスは殆ど無くなってしまいます。悲しいことに、イメージを挽回することもないでしょう。加えて、その印象を持ったまま相手の記憶に残り続けるので、自分の知らないところで笑い種のネタになることが多く、万が一、同じ地域にいる場合、共通の知人がいたりなんて可能性も考えられるため、万が一ばったり会った場合には、かなり立場が悪くなります。第一印象は大切です。

  • 婚活をしていて、デートをするのであれば、服装やメイクだけでなく、靴にも気を配らなくてはいけません。

  • あなたが結婚活動時のデートをするのであれば、ファッションやメイクだけでなく、足元まで気を配らなくてはいけません。デートで履く靴は思いのほか男性の目に留まるものです。ですから、なんでもOKとはいきません。女らしさというのは婚活をする上で、最重要事項と言っても過言ではありません。靴というのは、女らしさを感じさせるための道具といえます。ボーイッシュな印象になってしまい、女らしさを感じさせないローファーやスニーカーなどの靴は避けておくべきです。また、高さのないフラットなパンプスも男性が見た場合、そんなに女らしいとは認識されません。少なくとも、3センチ幅のヒールのあるものが上品ですし、女性らしさもありシチュエーションには適しています。ただし、ヒールは程度が重要です。7センチを超えるようなタイプのヒールは、妻にすることに警戒されてしまい、関係が破綻するおそれもあるので、履く場にはふさわしくないので、控えた方が良いでしょう。