婚活でやっているパーティーや結婚相談所を始める前は、…

広告
看護師の転職、人気ベストまとめサイト

婚活パーティーや結婚相談所を始める前は、マッチングサイトも使っていました。

 

  • 私が婚活でやっているパーティーとか結婚相談所を始める前は、マッチングサイトも使用していました。自己紹介欄を見てみて相性が良さそうだと思った相手の人にメールを送信したり、逆にもらったりして、何回かサイトの中でのやり取りを行って意気が合って…とここまではたいていうまく進行するのですが、どうした訳か「近々お時間があえば一度会いませんか」と切り出したら、「最近忙しくて、時間を作るのは難しい」と断りを言われることがたくさんありました。断られた理由ははっきりとはわからないのですが、メールでするやり取りのみで相手は心が満たされてしまっているのか、ともかく先へ進むのが他の方法とは違って巨大な障害なのです。メールでやり取りをやっているのみだとその時間がもったいないと思うのですが、男性はそうではない方が結構たくさんいらっしゃるみたいです。そんなわけで私の場合早いうちにマッチングサイトはやめました。メル友を求めている方以外は、婚活は他の手法の方がマッチングサイトより何倍も短期間で相手を発見できると思います。

     

婚活サイトに登録して知り合い、仲良くなった女性と私の旦那と同じ会社の人・・

 

  • インターネットの婚活サイトの会員になって、そのサイトで知り合い、意気投合した女性と私の旦那と同じ会社の人が、結婚しました。その方は旦那と年齢が近く(主人は40をとうに過ぎています)周囲の人からは、「結婚願望がないのだろう」なんて思われていたようです。ですが、実際には結婚願望がなかったわけではなく単純に素敵な女性と知り合える機会がなかっただけのようです。結婚する、と報告を受けたときは周りの人たちも、たいへん驚いたそうです。と同時に、結婚したいと思える相手が見つかってよかったと、誰もが思ったそうです。40代のうちにパートナーにめぐりあえてとても良かったと旦那も言ってました。後から、聞いたところによるとその人は、半分は諦めの気持ちで婚活サイトを利用したみたいです。失敗覚悟で婚活サイトで相手を見つけてみるのも悪くないかもしれないです。最近、婚活サイトが脚光を浴びるのは独身の男女にとって良い傾向だと思います。とても興味深いです。

     

結婚活動していくのに、決まったやり方というものはないです。

 

  • 結婚活動では、決まったルールというのは存在しません。ですので、単独で動いても問題はありません。けれども、一人で行動すると行動する範囲に限りがでてくるので、当然ながら異性と出会うきっかけも限定されてしまうのが現状です。自分が婚活している事実を赤の他人も含めて周囲に知ってほしくないと恥じる気持ちが、ひとりで婚活する理由になるとは思うのです。ですが、もし、よい相手と出会う機会を拡げたい、と思っているのであれば、「結婚仲介業者」を利用されるのがムダがなくてお勧めです。たった一人で結婚活動することに比べたらはるかに出会う機会が多くなることは間違いないのです。コストなどは掛かりますが、将来を考えるなら、それを踏まえると、高額でもないといえるでしょう。