実際に婚活を続けていると、どういう訳か、体も心も本当に疲れます。

結婚活動って心も体も本当に疲れます。

  • 実際に結婚活動(婚活)を続けていると、体も心もかなり疲れます。結婚活動に取り組むようになってから、当たり前に恋愛をしたのちに、そのまま結婚した友人たちを見ると、すごい能力を持っているのでは、と思えてします。これまでのライフスタイルに婚活、を加えただけなのになぜ、心身共に疲れがたまるのかなあとじっくり考えてみた結果、「色々と婚活で努力しているのに、理想の男性にいつまで経っても巡り会えない」のが一番の問題なのでしょう。40才近くになって結婚活動(婚活)を続けていると、男性のほうが若いということもあり最低限の礼節や、常識を持ち合わせてない人と知り合うこともあります。そのようなタイプの人と会話するほどかなりのストレスに・・・。名前を名乗らない人、あいさつをまともにできない人や、職業不詳な人など。社会人として問題のある人と関わるほどに、滅入ってしまいそうです。私はただ周囲の人たちみたいに、普通に結婚したいだけなのに。

  • 婚活として結婚するため、結婚相談所に会員登録をして婚活を始めたものの・・

  • 婚活をする一環として結婚するために、結婚相談所の会員になって婚活を始めたものの、ときに門前払いのようなケース、どういうことかというと、プロフィールを目を通した時点で断られたり、弾かれることを指します。そして、門前払いとまでいかなくともプロフィールで選ばれて、お見合いをしたあとにやっぱり断られることもあります。でも、とにかく、めげずに立ち直った人が最後には勝つ。婚活のモチベーションを維持していくコツは、その人によりけりだと思いますが、あなたの年がいくつであれ、「自身の家系を途絶えさせてはならない」というような大義があるといつかは良い相手に巡り会える、成功する、と前向きになれます。因みに私が、断られても立ち直ることができたのは、結局のところ女性とやりたいというスケベ根性が婚活のやる気を支えていました。どんな理由でもあなた自身も婚活の原動力となるものを意識して活動できるように考えてみてはいかがでしょうか。