結婚活動を始めたころは、私の知り合いが紹介やお見合いをセッティングしてもらったりす・・

結婚活動していたときは、私の知人が紹介やお見合いをセッティングしてくれたりす・・

  • 結婚活動してた際、知り合いが率先して良さそうな相手を紹介してもらったりすることがよくあり、サポートをしてもらっていました。紹介してくれる男性のことは、前もって、どんな感じの人が教えてもらえるので不安に思うこともなく二人だけで会うことが多かったわけですが、そのような場面では、当然お酒を飲む機会もありますし、お互いに大人同士ということもあるので、それとなく話を合わせるのが常識ある大人だと思うんですよ。ですが、紹介してもらった男性のひとりが常識ある大人とはいえない態度だったのです。オシャレを決め込んでいるのか知りませんが帽子を脱がないまま、会話しても目も見ないで、本当に無愛想な態度だったのです。その空間に二人しかいないのにそれはないですよね。そんな風に無愛想な態度をとられたら、よっぽど私が嫌なんだと普通だったらそう思いますよね。なのに、帰ろうということも言ってこないんです。私の方でも、その人の態度に訳が分からなくなってしまって思い切って理由をきくと、「人見知りなんです」と。それを知って、呆れるほかなかったです。せっかく、色々と手配して一席設けてくれた友達夫婦に申し訳なくて謝りました。ていうか、私が悪いワケではないと思うけど。

    結婚活動で知り合った結婚を意識できる人に、いかに自分をアピールするか、ということ・・

  • あなたが行っている結婚活動で知り合えた結婚相手としてふさわしい人に、自分をいかにアピールするか、が難しい問題となり、誰しも通る悩みです。恋愛をするのとはまったく違い、成否はこれからの人生を左右する問題でもあり緊張する人も多いでしょう。あなたが相手を求める際も、異性があなたに惹かれるのも、自分の意識とは関係なく「本能」が影響を与えていることがあります。とうぜん人間も所詮は動物なので、生物学的に言えば、相手を求めるのは、子孫繁栄です。けれども、誰もが子供を持ちたいと願ってはいないのです。結婚後は家族を増やしたいと思っているなら、それを実現できる結婚相手でなくてはいけませんし、子どもの面倒をちゃんと見てくれる力量があるのか(特に男性に要求される)という大切なことを、結婚活動時には必ず確認しておきましょう。それを怠るとこれをしっかりと見極められなかったがために、結婚生活を始めてから、育児で互いの意見が衝突したり、子育てに非協力的な態度を取られて、夫婦関係が著しく悪化してしまい、結果的には、離婚につながる可能性もあります。