私も本当に結婚できるのかな・・相手が見つかるだろうか・…

私は、結婚できるのかな・・また、相手が見つかるのか・・・

  • 私は、何歳で結婚できるのだろうか・・そして、結婚相手が見つかるだろうか・・・という、自分一人では解決のしようがない漠然とした悩みを感じながら生きていました。けれども、現在は前向きな気持ちで結婚活動に取り組むことができるようになったので、場合によっては大変ではありますが心に抱えていた不安は軽減されたように思います。結婚活動をしてみようと思った当初は、問題だったのは、自分自身が婚活の具体的なやり方を何一つ理解していなかったことでした。婚活という言葉はよく見るようになった今でもその詳細な内容については多くの人が知らないでしょう。婚活の仕方について調べてみるとネットワークを介して相手を探す、ということも普通にありました。私は、今まで婚活を理解していなかったので、恋愛を普通にしたのちに結婚に至るのが普通だ、としか認識していませんでした。婚活専門のマッチングサービスがあることを知ったときは、かなり衝撃を受けました。

  • 「結婚したいなら、男の胃袋をつかめ」と言われています。

  • 「結婚したいなら、男の胃袋をつかめ」と耳にした人もいるとは思います。おおむね正しいといえます。どうしてかというと、結婚をした場合、普通で考えれば、同じ屋根の下に暮らすことになります。そうなると、言うまでもなく、一緒に食事をすることになるので、やはり料理をするのが得意で家事をしっかりしてくれる女性が必要とされるからです。・・・が、「あなたはどんな料理が得意ですか?」と男性に聞かれたときに、パスタまたはカレーライスと答えるのはタブーですし、あなたのイメージを悪くするので注意しましょう。男性の多くは、パスタでは充足感を得られません。それに、カレーライスについては調理時間は掛かりますが、手抜き料理のように感じられるので、市販のルウは使わない、ぐらいでないと得意な料理ですとアピールされても男性からの評価が高くはなりません。「どのような料理が得意ですか?」と男性に聞かれた際、ぜひお勧めしたい料理は親子丼。気取ったイメージはありませんし、家庭的な温かい雰囲気がありながら、食欲をそそる見た目に仕上げるのは難しいメニューでもあります。そのため、料理上手、と思ってもらうことができますし男性からの印象も良いので、実際に作成練習をしてみてください。