婚活に悩みを抱えているのは、実は30代~40代です。

婚活のことで悩みを持っているのは、主に30代~40代です。

  • 結婚活動のことで悩みを持っているのは、主に30代~40代です。少し前なら、20代で結婚される女性が大半でしたが、女性が社会進出していくうちに、30代以降で結婚・出産をする方も増加しています。とはいうものの、女性の社会的な地位が確立されるほど、女性がパートナーに必要とする条件もそのような社会的背景から高くなるのはムリもありません。「良い結婚相手が見つかられない」と既存の婚活に行き詰まっているのであれば、30代・40代をターゲットにした婚活サイトなどを選択されるのがベストです。その中には、「ハイレベル婚活」というのもあるので、セレブ志向な女性にはそういったサービスを選択しておくのが良いでしょう。

  • 婚活の場面で自身の内面を表す場合に、「優しい」とアピールするのは…

  • 婚活パーティーで自分自身の内面について説明するとき、「優しい」という言葉で伝えるのは無難かもしれません。しかし、それだけだとあまりにも個性がなさ過ぎて、婚活、という場面では、周囲に埋もれてしまう可能性もあります。ですので、相手の心に残るようなとは言い難いです。婚活の場では、相手に自分を知ってもらうことが大切です。婚活で役立てるためには、どういった言葉を選ぶのが正解なのでしょう?この場合、「包容力がある」ではなく「相手の主張もしっかりと聞く」みたいな感じで、抽象的な表現を減らし具体的な言い回しに変えてみましょう。すると、同じ心の持ち方をアピールするのでも「この人は相手を受け入れられる懐の深さがある」と判断されるので、結果としてライバルよりも印象に残るはずです。