彼氏がいるにはいたのですが、結婚相手に恵まれなか…

彼氏がいるにはいたのですが、ずっと独身だった学生時代から仲のいい友達が…

付き合っている人はいたのにずっと独身だった私の友人が、つい最近、結婚相談所で相談して紹介してもらって意気投合した方ととうとう結婚しました。しかし、初めから結婚したいと感じた男性と出会えたわけではなかったのだそうです。結婚するまでに、3,4人ほど紹介された経緯があったといいます。そして、色々と情報交換をしながら一緒にいて気が合うと感じた方と知り合えたそうです。それから、二人は、6ヶ月くらい付き合ったのち結婚したのです。余談ですが、入籍したその男性には、結婚相談所を利用したときのローンが若干残っていたみたいなのですが、二人を結びつけてくれたことに喜びつつ、借金をキッチリ返していったようです。それなりにお金は掛かりますが、本気で結婚したい人には結婚相談所は、よいみたいです。

結婚活動を始める前から、婚活(結婚活動)には少なくとも何点か…

結婚活動(婚活)に本腰を入れる前から、結婚活動をする際は、少なくともいくつもの注意しなければいけない点があると感じていました。それに加え、やみくもに行動するのも失敗を招きかねないのでダメだと感じていました。実際に行動をして後悔するよりは、前もって備えておくほうが絶対に良いです。その中でも意識して欲しいのは「恋愛したい人に対し、疑う気持ちを持つ」という教訓です。相手を疑う、となるとすごく聞こえは悪いかもしれませんが、現代の婚活事情においてはとても大切なことだと断言できます。最近の流行りでもある、ネットワークで結婚活動をする時にこのクセをつけておかないと騙されるおそれがあるのです。私は、この点を徹底していたので、相手のプロフィールなどを見て不自然な箇所や、矛盾点を見つけた場合、すぐに連絡を絶ちました。現実、詐欺被害にあっている人も少なからずいらっしゃいます。私の場合「恋愛対象を少しでも疑う勇気を持つ」ということを意識していたことがよかったです。疑いを持つことで、婚活のトラブルを回避しやすくなると思いますし、ほかの方にも実践してもらいたいです。