昨今の婚活をするのなら、男性の年収が300万円ぐらいの場合…

現時点での婚活の市場では、男性の年収が300万円ぐらいの場合…

この頃の婚活の市場では、年収300万前後の男性に関しては、経済面を考えると、資格のある女性はいいなあと思います。年収が500万円ぐらいの場合は、パート勤務でも「私も家計を支えるために働くつもり」と完全には専業主婦にはならない気持ちをアピールしたほうがいいでしょう。そしてまた、年収が700万円以上の場合は、完全に専業主婦になる気持ちがあり、育児、家事を真面目にするつもりだということをアピールすること。このように年収ごとに対応を変えておくと、相手としては自分の将来に安心感を感じ、パートナーとしての信頼を得やすいのです。時間をムダにすることなく、楽にコントロールできるようになります。

40歳を過ぎた方が、結婚する相手を見つけられない、だから結婚できないという…

40歳を超えて、結婚する相手になかなか出会うことができない、結婚できない、はウソです。40歳を過ぎていようが、年齢がどうであれ、本当に結婚したいという気持ちがあり、婚活で断られてもめげない人なら結婚のチャンスはあると思います。その年齢まで独りでいる人は、さまざまな経験の蓄積によって、結婚相手の性格は、こうでなくては絶対にイヤ、さらに、年収はこれくらいないと困る、ルックスは、、、と希望条件を設定しすぎてしまうことが結婚を妨げる原因になっていることが多々あります。無論、自分の固定観念によって、結婚のチャンスを潰しているわけです。それに加えて、40歳以上の人は、一人で過ごす期間が長いため自覚はなくとも楽をしたいと思う気持ちがあって、自然と、結婚相手に対して求めることが高くなってしまうようです。自分では気づきにくい部分なのですが、周囲から見れば、単に「高望み」しているだけだったりします。