結婚活動を始めたころ、友人が紹介やお見合いをセッティングしてくれたりす・・

結婚活動してた際は、知り合いが異性を紹介してもらったり…

結婚活動していたとき、私の友人が率先して良さそうな相手を紹介してもらったりすることがよくあり、色々と世話をしてくれていました。紹介してくれる男性に関しては、前もって、どういったタイプの人が教えてもらえますから不安に感じることもなく二人だけで会うことが多かったわけですが、そのような場所では、当然お酒がある場でもあるし、お互いに充分大人ですから、何となく話を合わせると思うんですよ。なのにです!食事することなった相手がまともな人とはいえない態度だったのです。帰るまでずっと深めにかぶっていた帽子をかぶったままで、会話しても目も見ないで、本当に無愛想な態度でした。二人きりで食事しているのに余りにもひどいと思います。そんな感じで無愛想な態度をとられると、私のことが気に入らなかったのかと普通は思いますよね。なのに、帰ろうということも言いません。私の方でも、訳が分からなくなってしまって思い切って理由をきくと、「俺、人見知りだから、話すのが苦手で」とのこと。それを知って、呆れるほかなかったです。いろんなことを手配して一席設けてくれた友人になんだか申し訳ないと思い、その男性と別れたすぐ後に事情を話し、謝りました。ただ、私が謝る意味があったのかは不明です。

がんばっている婚活で知り合うことのできた結婚を意識できる相手に対・・

あなたが結婚活動で巡り合うことのできた結婚したくなった人に対し、いかに自分自身をアピールしていくしていくか、ということが大きな壁となり、誰しも通る悩みです。恋愛をするのとまったく違って、結婚は人生を左右する問題でもあり慎重に事を進めていきたいものです。自分自身が相手を求める際も、相手があなたに魅力を感じるのも、自分の意識とは関係なく「本能」がそう感じることが影響していることがあったりします。とうぜん理性こそあれ人も所詮は動物であるため、生物学的には、相手を求める理由は、子孫繁栄です。ですが、誰もが子供が欲しいと思ってはいないのです。結婚したら子供を儲けたいと希望しているなら、それを叶えられる相手が必要ですし、子どもの面倒をきちんと見てくれる力量があるのか(子育てに協力的な男性は、女性受けがよくなります)といった大事なことを、結婚活動時には必ずリサーチしておきましょう。その確認を十分にしないとこの点を軽視していると、めでたく結婚はできたものの、子育てで互いの意見が割れたり、実際は子供が苦手だったり、夫婦関係がギクシャクし、結果として、結婚生活が終わりを迎えることになるかもしれません。