私がいざ、結婚活動(婚活)をしよう!と本気で決意したとき、…

私自身がいざ、結婚活動をしよう、と真剣に考えたと…

結婚活動をしよう!と決意した時、婚活の意味を知ってはいるものの、何からやっていくべきかは、何もわかっていなかったのです。パートナーを見つけ、結婚のための活動全般を婚活と言うのですが、思い浮かんだのは、結婚相談所でしたが、すぐに結婚相談所に登録するのは、金銭的に大きな負担となりますし、ハードルが高い、と感じました。しばらく、友達や知り合いに相談したり、ネットであれこれと検索してみて、無事に、婚活が目的のパーティーや、マッチングサイトにたどり着くことができ、婚活をスタートすることができました。私みたいに、何をしていいのかサッパリわからない人や相談できる相手がいないと、結構多いかと思います。ですので、行政レベルで婚活を推進してくれる制度を設けてくれると良いのに、と願うばかりです。

いざ、結婚することを考えたとき、収入も大事なのかと痛感します。

結婚して家庭を持つとなると、内面よりもお金(収入)が大事なのだと感じます。お金(収入)についての話題は避けて通れません。このことは、実際に私が婚活を始めるようになって感じたことです。私の稼ぎは、魅力的なレベル、とはいえないので、その点が結婚の障壁となっているのでしょう。そのように考えるようになってから自分の思い違いかもしれませんが、婚活パーティなどで出会った人たちと会話をしてもあまり盛り上がらないように感じます。最初は、単なる勘違いや被害妄想かもしれないと思っていましたが、何度もそのような経験をすると、やっぱり、結婚活動では収入が良いほど強みになると痛感しています。現に、高収入な私の友人は婚活をしてから、すぐにパートナーが見つかり結婚しました。その状況を見てしまうと、さらに婚活のきびしい現実を感じずにはいられません。私の場合、結婚活動を成功させるためには、お金についての問題を解消することだと思っています。