昨今の婚活で相手を探しているのなら、男性の年収が300万円クラスだった場合・・

昨今の婚活をするのなら、年収300万前後の男性だった場合は・・

  • 現時点での婚活をするのなら、年収300万前後の男性に関しては、どうしても資格を持っている女性・結婚後もバリバリ働ける女性が有利となります。相手の年収が500万円前後の場合になると、アルバイト程度でも良いので、「私も家計をサポートする」と、専業主婦にはならないという気持ちを出しておいた方が良いです。そして、700万円超えの場合になると、専業主婦に専念し、きちんと子育てや家事全般に集中するつもりだということをアピールするのが好ましいです。このように、相手男性のニーズに合致した態度を示しておくと、男性は自分の将来に安心感を覚え、パートナーとして認められやすいのです。効率的に女性サイドが婚活の主導権を取れ、選択肢の幅を拡げられるはずです。
  • 40歳を過ぎた男女が、結婚相手が見つけられない、結婚できないというのは…

  • 40歳をを超えているのに、結婚相手になかなか巡り会えない、だから結婚できないというのはおかしな解釈です。40歳を過ぎた人だろうが、本当に結婚したいという気があり、断られてもめげない人がいつかは結婚のチャンスはあります。40歳を超えて独身でいる男女は、それぞれが色々な経験をしていることもあって、相手の性格は、こうでなくては絶対にイヤ、さらに、年収はいくらで、ルックスはあれっぽく、、、と希望条件をあれこれ設定してしまうことが結婚を妨げる原因になっているケースが多々あります。当然ながら、自分の価値観によって、結婚のチャンスを逃しているのです。そして、40歳以上の男女は、一人の期間が長いため自覚はなくとも楽をしたいと思う傾向があって、なぜか相手に対する要求も高くなってしまう。自覚はないかもしれませんが、客観的に見れば、「高望み」なのかもしれません。