実際に結婚活動をしているとわかることですが、心身共にすごく疲れます。

結婚活動(婚活)をしていると分かりますが、なぜだか、心身共に本当に疲れます。

  • 結婚活動(婚活)ってどういう訳か、とても疲れます。婚活を始めるようになってから、恋愛を足がかりに、その流れで、結婚している人たちを見るたびに、すごい能力を持っているのでは、と考えてしまいます。私の生活に婚活、を加えただけなのにどうして、そこまで疲れがたまるのかなあと改めて考えてみると、「もがいているのに理想の男性に巡り会えない」ことが最大の原因、という結論になりました。40才近くになって結婚活動(婚活)を続けていると、男性のほうが若いことも多く世間知らず、常識のない人と毎回ではありませんが、出会うこともあります。そういう人と接するだけで、大きなストレスを感じます。名前を名乗らない人、挨拶もろくにできない人、職業を言わない人など、社会人なのかと疑ってしまいたくなる人と関わるほどに、滅入ってしまいそうです。私はただ周囲の人たちのようにただ普通に結婚したいだけなのになぁ。
  • 婚活として生涯の伴侶を見つけるため、結婚紹介所に会員登録をしてみると…

  • あなたが生涯の伴侶を見つけるため、結婚相談所などに登録して婚活を始めたものの、何度も門前払い的な対応を取られることがあります。どういうことかというと、あなたのプロフィールを見ただけで断られたり、相手の選択肢から外されてしまうことを意味します。さらに、門前払いとまではいかなくともプロフィールで選ばれて、お見合いをしたとしても断られたりもします。でも、とにかく、くじけずに立ち直った人が最終的には勝つのです!気持ちを維持する原動力は人によりますが、年に関係なく、「何がなんでも子供を残す」というような大義があると近い将来、良い相手に巡り会える、結婚できる、と前向きになれます。因みに私の場合、フラれても立ち直ってこれたのは、結局のところ身体の関係を持ちたい、と思う下心が婚活でのがんばりに繋がりました。なので、あなたも結婚活動の原動力となるものを意識しながら結婚活動していくように考えてみてはいかがでしょうか。