婚活をやっていく際、自分より歳の若い人をターゲットにするつもりな…

婚活を通して出会った、自分よりも若い世代をパートナーにしたいのならば…

  • 結婚活動で、あなたより若い人をパートナーにしたい場合、LINEは必ず使いたいツールですので、LINEを一通り使いこなせるように勉強しておきましょう。スマートフォン利用が当たり前になった現在、20代の子の大半はLINEをメインの連絡手段にしているのが現状です。友人と待ち合わせをする際も、待ち合わせの相手と会う時間がくる前からLINEで会話しているほど常時、起動しています。もしあなたが、LINEを仕組みや使い方をほとんど理解していないなら、婚活のために、理解しておきましょう。どうしても無理であれば使えないのを口実に、LINEでの連絡のとり方を聞きながらその流れで交際のチャンスにつなげていく、という作戦も結婚活動を自然な形で進めていくのにいいかもしれません。
  • あなたが結婚活動時のデートをする際、ファッションやメイクだけでなく、靴にも気を配る必要があります。

  • あなたが婚活をしていて、デートをする際、足元まで気にする必要があります。デートの時に履いていく靴は意外に男性の目に留まるものです。なので、無頓着ではダメです。女らしさは婚活をする上で、とても大事な要素と言っても過言ではありません。服やヘアメイクなどと同じで、靴も女らしさをアピールするための道具なのです。女らしさを感じられないローファーとスニーカーは絶対にNGです。加えて、フラットなパンプスならばいいのかというと、男性から見ると、魅力を感じないでしょう。理想は、3~5センチ前後のヒールのある靴が女性らしさもあり、上品で好まれます。しかし、ヒールが好ましいからといって、7センチ以上のものは家庭を築くにふさわしくないといった理由で、距離を取られてしまうかもしれないので、極力履かないようにするのが安全に婚活を進められるはずです。