私も結婚できるのか、結婚相手が見つかるのか・・という、一人では解決のしようがない漠然とした不安を…

私も本当に結婚できるのだろうか・・また、結婚相手が見つかるだろうか・・・・

  • 私も結婚できるのか、そしてまた、相手が見つかるのか・・といった、一人では解決のしようがない漠然とした悩みを抱えて生きていました。ですが、今は婚活をやっているので、楽ではありませんが悩みは小さくなった気がします。婚活をしてみようと思った当初は、問題だったのは、自分が結婚活動の方法を全然わからなかったことでした。婚活という単語は頻繁に聞くようになった現在も何をしていくべきかまではほとんどの人が知らないと思います。婚活方法について調べるとネットによって結婚相手を探す、ということも普通のことだと知りました。私はそれまで、婚活を理解していなかったので、結婚は恋愛の流れで自然に行うのが普通だ、としか認識していませんでした。婚活専門のマッチングサービスがネットには存在するなんて、微塵も想像していませんでした。

  • 「結婚したいなら、男性の胃袋をつかむのが近道」と古くから言われていて、耳にした人もいるとは思いますが…

  • 「結婚したいなら、男の胃袋をつかむのが近道」と昔から言われていますが、実際にこれは間違いではありません。というのも、結婚したなら、一緒に暮らすことになります。そうなると、当然のことながら、まいにち一緒に食事することになるので、やはり料理好きであり家庭的な女性が魅力的に映るからです。でも、「あなたはどんな料理が得意ですか?」と相手に尋ねられたときに、パスタ、カレーライスと返すのは避けたほうが良いです。男性の多くは、パスタではお腹が膨らみません。また、カレーライスについては時間がかかる割に、手抜きのように感じられるので、ルウもオリジナル、ぐらいでないと得意料理として挙げられても男性からの評価が高くはなりません。「あなたはどんな料理が得意ですか?」と男性に聞かれたとき、お勧めしたいメニューは親子丼。気取ったイメージはなく、非常に家庭的な温かい雰囲気がありながら、食欲をそそる見た目に仕上げるのは難しい料理でもあります。そのため、料理上手、と思ってもらうことができますし男性からの印象も良いので、実際に作る練習をして自信をつけたら、婚活でアピールしてみましょう。