結婚活動に悩みを抱えているのは、実は30・40代が多いのです。

婚活で悩みを抱えやすいのは、30・40代です。

  • 結婚活動のことで悩みを抱えているのは、30・40代が多いのです。高度経済成長時代は、20代のうちに結婚することが常識となっていましたが、女性の社会進出の比率が高くなるにしたがい、30代に入って結婚したり、出産する人が昔と比べたら多いのです。ですが、女性の社会的地位が高まるにつれ、パートナーに必要とする条件も自然と高くなってしまいがちです。「条件をクリアする男性が見つからない」というような悩みがあるのであれば、30代もしくは40代をターゲットにした婚活系サイトなどを選択されるのがベストです。また、ハイレベル婚活というものがあり、セレブ的な婚活を目指す人にそういったサービスを選ぶと良いでしょう。

    婚活、という場面で自分自身の内面について説明する際、…

  • 婚活の場面で自分の内面を表す場合に、「包容力がある」という言葉でアピールするのは一般的といえます。が、それでは個性がなさすぎるので、婚活、という場面では、周りに埋もれてしまう可能性もあるので、相手の心に残るベストな答えとは断言できませんよね。婚活の場では、相手に自分を知ってもらう必要があります。婚活で役立てるためには、どんな言葉を選ぶのが正解なのでしょう?例としては、「やさしい」ではなく「相手の主張を受け入れる」という感じで、漠然とした表現を減らす工夫をしてみましょう。すると、同じ性格を伝えるにしても「この人は相手を受け入れられる懐の深さがある」と解釈してもらえるので、説得力が大幅にアップします。