婚活では、年収300万クラスの男性だった場合は、資格のある女性・結婚後も正社員として働ける…

昨今の結婚活動では、年収300万クラスの男性だった場合は、…

  • 現時点での婚活事情では、年収300万前後の男性に関しては、はっきりいって資格を持っている女性、結婚後も正社員として働ける女性が有利となります。相手の年収が500万円程度の場合は、パート程度でも良いので、「私も働く意志がある」という完全な専業主婦を希望していない、気持ちを強調しておくべきです。さらに、年収が700万円以上の場合になると、完全に専業主婦として、子育てや家事などを真面目にすることをアピールするのが望ましいです。そのように対応することで相手は自分の将来に安心感を覚え、パートナーとして選ばれやすくなります。そして、何よりも無理なくコントロールできるようになります。

  • 40をを超えているのに、結婚する相手を見つけられない・・

  • 40歳をを超えているのに、結婚する相手がなかなか見つけられない、それが理由で結婚できないというのはいいわけではないでしょうか。年齢に関係なく、本気で結婚願望がある人で婚活で少々の挫折を経験してもめげない人なら結婚の可能性はあります。40歳を超えて独身でいる男女は、それぞれが様々な経験をしていることもあって、結婚相手の性格は、こうであるべきだ、年収や容姿はこうでなければとさまざまな要求をしすぎていることが結婚を妨げる原因になっていることが多々あります。要は、自分の価値観によって、婚期を遅らせてしまっているのです。それにプラスして、40を超える独身男女は、一人の期間が長かったこともあり楽をしたい、自由でいたいと思う気持ちがあって、自然と、結婚相手に対して求めることが高くなってしまう。自分では気づきにくいのですが、客観的に見てみれば、もしかして「高望み」なのかもしれません。