結婚活動をしていると分かりますが、どういう訳か、心も体もかなり疲れます。

実際に婚活をしてみるとどういう訳か、心身共に本当に疲れます。

  • 結婚活動をしてみると体も心もとても疲れます。結婚活動をするようになり、当たり前に恋愛をしたのちに、その流れで、結婚できた友人たちを見ると、かなりの偉業を成功させたみたいに悩んで仕方ありません。それまでの生活に婚活、というものをプラスしただけなのになぜ、心身共に疲れがたまるのかなあとじっくり考えた結果、「色々と婚活で努力しているのに、理想とする結婚相手にいつまで経っても巡り会えない」のが最大の理由だとしか思えません。40代に差し掛かる時期まで結婚活動を続けていると、自分よりも相手のほうが若いこともあったりして常識が欠如した人ばかりに婚活の場で知り合うこともあります。そういうタイプの人と会話するほどストレスを感じてしまいます。名前を名乗らない人、あいさつしない人、職業が怪しい人など、地雷ともいえる人は、相当にイライラします。私はただ周囲みたいに、当たり前に結婚をしたいだけなのに、本当に難しいものです。
  • 婚活をする一環として結婚相手を見つけるために、結婚相談所などに登録して婚活を始める・・

  • 婚活として生涯の伴侶を見つけるために、結婚相談所などを利用して婚活を始めると、たまに門前払い的な対応を取られることがあります。要するに、自己紹介欄をチェックしただけでお断りされたり、選択肢から除外されてしまうことを意味します。さらに、門前払いとまでいかなくともプロフィールで気に入ってもらって、その後のお見合いでフラれることもあります。ですが、とにかく、めげずに立ち直った人が最後には勝ちます!精神的な強さを維持していくコツというのは、人によって一概には言えませんが、あなたの年がいくつだろうと、子孫を残すためには相手が必要というような大義さえあれば、きっと近い将来、良き生涯のパートナーに巡り会えるはず、絶対に結婚できる、と前向きになれるはずです。因みに私の場合、断られてもめげずにやってこれたのは、結局のところ身体の関係を持ちたいと思う下心が婚活での気力を支えるキッカケとなりました。どんな理由でもあなた自身も婚活の途中で挫折しないように、原動力となるものを意識し活動できるように考えてみましょう。