男性と会うのが婚活でするパーティーと異なりお見合い・・

これから男性と会うのが結婚活動でやっているパーティーと違いお見合いの場合…

これから男性と会うのが婚活でするパーティーと違いお見合いの場合は衣装のお金もそれなりにかかります。どうして衣装代がいるのかというと、お見合いをやる所は高級ホテルのラウンジとか喫茶店などで行われることが多いので、いいかげんな服装では出掛けられないからです。それとは逆に会う所が婚活でやっているイベントであれば、デニムやスウェットとかも女性っぽく見た感じが下品な格好にならなければ問題がないのですが、ホテルに赴くとなると、ドレスコードのある場合もありますしそういう訳にはいかないのです。コーディネート的には安く見えないワンピースとか上品なスカート、それに合わせて靴においてもヒールを履きますし、おまけに華やかさを増すアクセサリーも忘れるわけにはいきません。それにカバンにおいても小さめのハンドバッグ、など、普段カジュアル派の女性ならワードローブにないものばかりで頭を抱えます。お茶代は男の人が持ってくれますが、お見合いを婚活の方法に選んだ女の人は、ある程度衣装代の支出については理解しておく必要があるでしょう。

以前、婚活を目的としたパーティーの場でとある男性と出会いました。

婚活が目的のパーティーに参加した際、ある男性と出会いました。ですが、実はその男性は、職業を詐称していたのです。自己紹介では、職業は医師で年収は1,200万、と記入されていたのに、それが全くのでたらめだったのです。もちろん、その嘘について私も含め、知っている人はいません。ですから、そのパーティーに出ていた男性の収入に関心がある女性たちからは、かなり受けが良かったです。そのあと、運良く(その時点ではまだ真実を知りません)私がその男性と意気投合し、無事にカップルになることができたのですが、仕事の話をしていると、彼の歯切れの悪さが目立ちました。「なんかおかしいぞ」と感じ始めた私は、「知り合いがあなたの同じ場所で働いてるけどその人は、あなたの存在を知らないのはどうして?」と迫ってみると(カマをかけてみたのですが)、医師は真っ赤な嘘で実際はフリーターをしていると観念し、白状しました。むろんのこと、嘘をつかれて呆れてしまったので、それ以降あっていません。