今の婚活では、男性の年収が300万円程度の場合は、経済面を考える…

この頃の婚活では、年収300万前後の男性の場合だと…

  • 最近の婚活状況を見ると、年収300万前後の男性だった場合は、やはり資格持ちの女性・結婚後も正社員として働ける女性が望まれます。ですが、500万円前後の場合は、パートタイムでも自分の小遣い程度でも働く意思を持っていると、完全には専業主婦にはなりたくない、という気持ちを表明しておきましょう。さらに上、つまり相手の年収が700万円をオーバーする場合は、完全に家庭に入って、きちんと育児、家事全般に向き合うつもりであることを訴えるのが良いです。このように相手のニーズに合わせると、相手としては将来に安心感を感じ、パートナーとしての条件を満たしやすいのです。そして、時間をムダにすることなく、女性側が婚活を進めていけるでしょう。
  • 40歳をを過ぎても、結婚相手になかなか出会うことができない、…

  • 40を超えて、結婚相手がなかなか見つけられない、それが理由で結婚できない、はいいわけではないでしょうか。40歳を超えていようが、本気で結婚する気があり、くりかえしの失敗にもめげない心があれば、いつかは結婚のチャンスはあると思います。その年齢まで結婚していない人たちは、人生のなかで多くの経験を経た結果、結婚相手の性格は、こうであるべきだ、さらに、年収はいくらで、ルックスはあれっぽく、、、と希望条件をあれこれ設定してしまうことが結婚の妨げの原因になっている場合が少なくありません。要は、自分自身で婚期を遅らせてしまっているのです。さらに、40歳を過ぎた男女は、一人でいる期間が長いため自覚はなくとも楽をしたいと思う気持ちがあって、知らず知らずに相手に対する要求も高くなってしまう。自身では気づきにくいことなのですが、客観的に見れば、もしかすると「高望み」なのかもしれません。