結婚活動をし始めた際、私の友人が率先して紹介やお見合いをセッティングしてくれ・・

結婚活動を始めたときは、私の知り合いが異性を紹介してくれ・・

結婚活動していたころは、私の知り合いが良さそうな人を紹介してもらったりすることがよくあり、色々と世話をしてくれていました。紹介してくれる男性は、前もって、どんな感じの人が教えてもらえますからとくに心配に感じることもなく二人きりで会うことがほとんどだったわけですが、食事の席、当然のことながらお酒もありますし、お互いに大人でもあるので、それとなく話を合わせるのが普通だと思うんですよ。なのにです!出くわした相手の一人がまともとはいえない態度だったのです。オシャレのつもりか知りませんが帽子は脱がない、会話しようとしても目も合わせようともしないで、露骨に無愛想な態度をとられたのです。二人きりなのに余りにもひどすぎます。そんな無愛想な態度をとられると、よっぽど私が嫌だったのかと普通だったらそう思います。でも、帰ろうと一言も言わないんです。私の方でも、その人の態度に困ってしまい思い切って理由をきくと、「僕、人見知りなんです」と。それを知り、本当に呆れてしまいました。わざわざ私のために席を設けてくれた友達夫婦になんだか申し訳なくてその男性と別れた後事情を話し、謝ることにしました。ていうか、私が謝る意味があったのかは不明です。

あなたが婚活で出会えた結婚を意識できる相手に対し、いかに自分自身をアピールしていくしていくか、…

結婚活動で巡り合った結婚したい人にいかに自身をアピールしていくことができるか、ということが大きな壁となり、一度は悩む問題です。恋愛をするのとは若干、性質が異なるため、成否はこれからの人生を左右する問題でもあるので慎重にいきたいものです。自分が相手を求めるときも、また相手があなたに惹かれていくのも、「本能」がそうさせている場合が多いものです。やはり理性こそあれ人も所詮は動物であるため、生物学的な観点で言えば、やはり一番に相手を求める理由は、子孫繁栄です。ですが、すべての人が子供を持ちたいと思っているわけではないのです。結婚後は子供を儲けたいと思っている場合、それを叶えられる相手でなくてはいけませんし、子どもの面倒をきちんと見てくれる力量が相手にはあるのか、(特に男性)という大事なことを、結婚活動時にはしっかり確認しておきましょう。そのチェックを十分にしないとこのような部分をしっかり見ておかないと、数年後、子育てで、お互いの価値観がぶつかり合ったり、実際は子供が苦手だったり、お互いにストレスを溜め、そして、結婚生活が終わりを迎えることになるかもしれません。