私が結婚活動をしよう!と真面目に考えたとき、婚活の意味だけは知っているもの…

私がいざ、結婚活動(婚活)をしよう!と決意した時、婚活の意味だけは知っているものの…

  • 私がいざ、結婚活動をこれからやっていこう!と真面目に考えたとき、婚活の意味を知ってはいるものの、具体的に何からやっていくべきかは、わかりませんでした。相手を見つけ、結婚のための活動全般を総じて婚活と言うのですが、思い浮かんだのは、結婚相談所でしたが、いきなり結婚相談所に登録するのは、お金がかかりますし、どうしても一歩踏み出す勇気はありませんでした。しばらく、友達に尋ねたり、インターネット検索してみて、婚活パーティー・マッチングサイトを選び、婚活をスタートすることができました。何をしていいのかサッパリわからない人や相談する相手がいない人は、多いと思います。ですので、自治体や国が婚活を後押しする制度があれば良いのに!とついつい思ってしまいます。

  • 結婚して家庭を持つことを真面目に考えてみると、内面よりもお金(収入)が大事なのだと感じます。

  • いざ、結婚となると、収入も大事なのかと痛感します。やはりお金(収入)についての話題は避けて通れません。このことは、実際に自分が婚活をするようになって「そうだ」と感じました。残念なことに私自身の年収は、あまり多くはないので、その点が結婚を難しくしているのではないでしょうか。そんな風に考え始めてから私の被害妄想かもしれませんが、婚活パーティなどで出会った方との会話でもそんなに盛り上がらないように感じるのです。最初は、単純に思い過ごしや被害妄想かもしれないと思っていたのですが、実際にそういった状況に何度も遭遇した結果、やはり婚活市場では収入が多いほうが有利になるのは間違いないと思います。実際に、しっかり稼げている私の友人は、婚活を始めてすぐにパートナーが見つかり入籍しています。私は、その光景を目にして、さらに婚活の非常な現実を思い知らされました。私が婚活(結婚活動)を成立させるには、お金の問題をどうにかしないと難しいみたいです。