昨今の婚活においては、男性の年収が300万円クラスだった場合・・

今の婚活で相手を探しているのなら、年収300万クラスの男性の場合…

  • 今の婚活で相手を探しているのなら、年収300万前後の男性の場合は、はっきりいって資格のある女性、結婚後も正社員として働ける女性が合っているのです。それが、500万円程度の場合になると、アルバイトをするくらいでも良いので、いちおう働く意思を持っているといった意志を強調しておくべきです。さらに上、つまり700万円クラスの場合なら、家庭に入って、育児・家事全般にがんばるつもりであることを訴えると成功しやすいです。このように、相手男性のニーズに合致した態度を示しておくと、相手としては将来に安心感を感じ、パートナーとしての条件を満たしやすくなります。時間をムダにすることなく、女性サイドが婚活をコントロールできるはずです。

    40をを過ぎても、結婚する相手が見つけられない、だから結婚できないというのは…

  • 40歳以上の人が、結婚する相手を見つけられない、そのため結婚できない、は言い訳だと思います。40歳を過ぎていようが、年齢がどうであれ、本当に結婚する気持ちがある、婚活中の失敗を乗り越える覚悟がある人ならいつかは結婚の可能性はあるはずです。40代になっても独身でいる男女は、色々な経験をしてきたことによって、相手に望む性格は、こうでなければ、また、年収はこれくらい必要だし、見た目はやっぱり、、と条件を色々と決めつけてしまうことが結婚を妨げる原因になっている場合が多々あります。要は、自分の価値観によって、結婚のチャンスを逃しているのです。それに加えて、40歳以上の人たちは、一人で過ごす期間が長いため自覚はなくとも楽をしたいと思う傾向があって、なぜか結婚相手に対する要求が高くなってしまうようです。自分では気づきにくい部分なのですが、冷静に考えれば、もしかすると「高望み」しているだけかもしれません。