結婚活動をし始めたころ、私の知り合いが男性を紹介してくれたりお見合いをセッティングしてくれたり…

結婚活動をし始めたころは、私の知人が率先して良さそうな人を紹介してくれたり・・

結婚活動をし始めたころは、知人が率先して似合う相手を紹介してくれたりすることがあり、サポートをしてもらっていました。紹介してくれる男性に関しては、前もって、どういったタイプの人が教えてもらえるので心配もなく二人だけで会うことがほとんどだったわけですが、そのようなシーンでは、当然お酒もありますし、お互いに大人であることもあり、何となく愛想よくすると思うんですよ。それなのに、紹介してもらった男性のひとりがまともな大人とはいえない態度でした。ずっと帽子も取らず、目も合わせることなく、本当に無愛想な態度でした。二人しかいないのに余りにもひどすぎます。そんな露骨に無愛想な態度をとられると、よっぽど私のことが気に入らなかったのかと普通だったら思うと思うんですよね。なのに、帰ろうということも言わないんです。そうなると私の方でも、訳が分からなくて思い切って理由を聞いてみたところ、「人見知りだから」とのこと。(・・・)いい大人が何を言ってるんだと呆れました。私のことを思って一席設けてくれた友達夫婦になんだか申し訳ないと思い、彼と別れたすぐ後に事情を話し、謝ることにしました。しかし、私が悪かったのでしょうか?

結婚活動で知り合えた結婚相手としてふさわしい人に、自分自身をいかにアピールするか、…

結婚活動で出会うことのできた結婚したくなった相手に、いかに自分をアピールしていくしていくか、ということが難しい問題となり、一度は悩む問題です。恋愛とは若干、性質が異なるので、結婚はこの先の人生を左右する問題でもあるので慎重に運ばなくてはいけません。あなたが相手を求めるのも、また異性があなたに魅力を感じるのも、自分の意識とは関係なく「本能」がそう感じることが影響している場合が多々あります。やはり人も所詮は動物であるので生物学的に考えれば、一番に相手を求める理由は、子孫繁栄です。しかし、誰もが子供を持ちたいと思ってはいないのです。結婚したら家族を増やしたいと思っている場合、それを叶えられる結婚相手が必要ですし、子どもの面倒をきちんと見てくれる能力があるのか(特に女性に対しては、子育てできる男性が有利です)などのことを、結婚活動時にはしっかりリサーチしておきましょう。その確認を十分にしないとこのような部分をしっかり見ておかないと、数年後、育児で互いの価値観のズレで衝突したり、ひとりで子育てしなくてはならなくなり、夫婦関係が修復不可能なレベルにまで亀裂が入り、そして、離婚することにもなりかねません。