自分が結婚活動(婚活)をこれからやっていこう!と真面目に思ったと…

婚活をしよう、と真剣に考えたとき、婚活の意味だけは知っているもの…

私が婚活をこれからやっていこう!と決意した時、婚活という言葉の意味だけは知っているものの、何をどうやるべきかは、何も理解していなかったのです。結婚するための活動全般のことをひっくるめて婚活と呼ぶのですが、思いついたのは、結婚相談所でしたが、すぐに結婚相談所での会員になる場合は、相当お金がかかりますし、ちょっと敷居が高い感じもありました。その後、友達に尋ねたり、ネットで調べたりして、無事に、婚活でするパーティー、マッチングサイトを選び、婚活をスタートすることができました。私みたいに、最初は何をしたら良いのかわからない人や相談する相手がいない人は、いつまでも行動できない可能性が高いかもしれません。そんなわけで、行政で婚活を推進してくれるルールがあれば楽なのになぁと願っています。

結婚を考えてみると、内面よりもお金(収入)が大事なのかと疑います。

真面目に結婚することを考えたとき、お金(収入)も大事なのかと感じます。収入は大きな問題です。これは、実際に私が婚活を始めるようになって「きっと、そうだ」と感じました。私自身の稼ぎは、ある、とは言えないほうなので、その点が結婚相手として魅力的に映らないのでしょう。そんな風に思い始めてから自分の気のせいかもしれませんが、婚活パーティなどで知り合った方と会話をしてもあまり盛り上がらないように思います。最初は、単純に勘違いや被害妄想かもしれないと感じていましたが、実際にそういった状況に何度も遭遇した結果、やはり結婚活動(婚活)では収入が多いと強みであることは間違いないと確信します。実際に私の友人は高収入で婚活をしてから、すぐに相手が見つかり結婚しました。私は、その光景を目にして、婚活のきびしい現実を悟りました。私の場合、結婚活動を成功させるためには、お金の話題を出さないことだと考えています。