この頃の結婚相手を探して婚活するのでは、年収300万クラスの男性だった場合は…

現時点での婚活で相手を探しているのなら、男性の年収が300万円クラスだった場合は…

  • 婚活の市場では、男性の年収が300万円前後の場合は、経済面を考えると、資格のある女性で、バリバリ働ける女性を望んでいることが多いのです。けれども、相手の年収500万円クラスだと、アルバイトをする程度でも、「私も家計を支えるために働くつもり」と専業主婦にはならない気持ちを表明しておきましょう。そしてさらに、相手の年収が700万円以上の場合なら、完全に専業主婦に身を置き、ちゃんと育児や家事を真面目にするつもりであることを訴えるのが良いです。そのようにすることで相手としては自分の将来に安心感を覚え、パートナーとしての信頼を勝ち得やすく、効率的に有利にコントロールできるようになります。
  • 40歳を過ぎた男女が、結婚する相手になかなか巡り合うことができない、…

  • 40歳以上の男女が、結婚相手になかなか巡り合うことができない、だから結婚できないというのは間違っています。40歳以上の人に限らず、本当に結婚したいという気があり、婚活で断られてもめげない人であれば結婚できると思います。その年齢まで残っている人は、それぞれが色々な経験をしていることもあり、結婚相手の性格は、こうでないと困る、年収はいくら必要だし、ルックスは、、みたいに条件を色々と決めつけてしまうことが結婚を妨げる原因になっているのです。無論、自分の価値観によって、婚期を遅らせているわけです。それに加えて、40歳を過ぎた男女は、一人でいる期間が長かったこともあり楽をしたい、自由でいたいという気持ちもあって、どうも相手に対する要求が高くなってしまうようです。自覚はしていないかもしれませんが、よくよく考えてみると、単に「高望み」しているだけだったりします。