結婚活動(婚活)ってどういう訳か、とても疲れます。

婚活をしていると分かりますが、体も心もとても疲れます。

  • 結婚活動(婚活)を続けていると、体も心も本当に疲れます。結婚活動(婚活)をするようになり、ただ恋愛して何も問題もなく結婚した友人たちを見ると、ものすごい偉業を成し遂げた人みたいに思ってしまいます。それまでの日常生活に結婚活動、というものをプラスしただけなのにどうして、心身共に疲れるのかなあとじっくり考えてみた結果、「それなりに努力することはしているのに、理想の結婚相手に出会うことができない」ことが原因であるのは間違いないです。年齢が40代に差し掛かる時期まで結婚活動を続けていると、自分よりも男性のほうが若いこともあったりして常識知らずな人ばかりに出会うこともあります。そういった人と接するだけで、大きなストレスを感じます。自己紹介をしない人、あいさつができない人、職業を隠したまま口説いてくる人、地雷のような人との出会いは疲れます。私はただ周囲みたいに、結婚をしたいだけなのに、本当に難しいものです。

    あなたが生涯の伴侶を探すために、結婚相談所の会員になって婚活を始めたものの・・

  • 婚活として生涯の伴侶を見つけるため、結婚相談所などに登録して婚活を始めると、たまに門前払いされることも覚悟しておいた方が良いでしょう。要するに、自己紹介欄を見た時点でお断りされたり、選択肢から除外されることを意味します。また、門前払いとまでいかなくともプロフィールで気に入ってもらって、お見合いをしたとしても断られたりもしますが、とにかく、くじけずに立ち直った人が最終的には勝つ。婚活のモチベーションを維持していくコツは、その人によって一概には言えませんが、若いとか若くないに関係なく、「何がなんでも子供を残す」というような大義名分があると、最後は、良き生涯のパートナーに巡り会えるはず、成功する、と前向きに進んでいけます。因みに私の場合、断られてもめげずにやってこれたのは、結局のところ身体の関係を持ちたいと思う性欲が婚活での気力を支えるキッカケとなりました。なので、あなたも、婚活を最後まで全うできるように、自分を突き動かすモチベーションとなるものを意識して婚活していくように考えてみてください。