結婚活動を始めたとき、友達が紹介やお見合いをセッティングしてくれたりす…

結婚活動を始めたころは、仲の良い友人が相性の良さそうな相手を紹介してもらったり…

結婚活動していたころ、友達が良さそうな相手を紹介してくれたりすることがたくさんあり、出会いの場を提供してくれていました。紹介してもらう男性に関しては、前もって、どんなタイプの人が教えてもらえますからとくに心配に感じることもなく二人で会うことがほとんどだったのですが、そうなると、当然のことながらお酒もありますし、お互いに大人であることもあり、何となく話を合わせたりするのが常識ある大人だと思うんですよ。ところが、会うことになった男性がまともとはいえない態度でした。最初から最後まで深めにかぶっていた帽子も取らず、会話しても目も合わそうともしないで、露骨に無愛想な態度をとられたのです。その場に二人しかいないのにそれはないですよね。そんな露骨に無愛想な態度をとられると、私のことが嫌だったのかと普通だったらそう思うと思うんですよね。なのに、帰ろうと一言も言ってこないんです。私の方でも、その人の態度に困ってしまい思い切って理由を聞いてみると、「僕、人見知りなんです」と。(・・・)いい大人が何を言ってるんだと呆れました。せっかく、いろんなことを手配して席を設けてくれた友人になんだか申し訳ないと思い、その男性と別れた後事情を話し、謝ることにしました。ていうか、私が悪かったのでしょうか?

あなたが行っている婚活で巡り合えた結婚したいと思える人に…

あなたが行っている婚活で知り合うことのできた結婚したいと思える相手に、いかに自分自身をアピールできるかが、大きな問題となり、誰しも通る悩みです。恋愛以上に、結婚はこの先の人生を左右する問題でもあるので困っている人は少なくないはずです。あなた自身が相手を求める際も、また相手があなたに惹かれるのも、自分の意識とは関係なく「本能」がそう感じることが影響している場合が多いものです。理性こそあれ人間も所詮は動物であるので生物学的な観点でみれば、相手に惹かれるのは、子孫繁栄です。しかし、すべての人が子供を持ちたいと希望しているわけではありません。結婚後は子供を儲けたいと考えているなら、それを実現できる相手が必要ですし、子どもの面倒をちゃんと見てくれる力量が相手にはあるのか、(子育てに熱心な男性は女性からのポイントが高くなります)という大切なことを、結婚活動時にはしっかりチェックしておきましょう。そのチェックを十分にしないとこのような部分をしっかり見ておかないと、めでたく結婚はできたものの、育児で、お互いの価値観がぶつかり合ったり、実は子供が苦手だったり、関係が悪化していしまい、やがて、離婚や家庭内別居となるおそれもあるので要注意です。