私は、何歳で結婚できるのだろうか・・そして、結婚相手が見つかるだろうか・・・・

私も将来結婚できるのだろうか・・また、相手が見つかるのか・・…

  • 私も周囲の人たちみたいに結婚できるのかな・・また、相手が見つかるだろうか・・・という、一人では解決のしようがない不安を抱えて日々生活していました。でも、最近では前向きな気持ちで結婚活動をしているので、苦労もあるけど悩みを感じる頻度は少なくなりました。結婚活動をがんばってみようと思った直後、問題だったのは、自分が結婚活動(婚活)のやり方を知らないことでした。婚活(結婚活動)という言葉は頻繁に見たり聞いたりするようになった現在も何をすべきかまではあまり認知されてはいませんよね。婚活の仕方について調べてみるとネットワークを利用して、結婚相手を探すのも婚活のひとつだと知りました。私は、今まで婚活の詳細を知らなかったので、結婚は普通に恋愛を経てするのが当然だと思っていました。婚活専門のマッチングサービスがあることを知ったときは、全く想像もしておらず、それを知ったときはかなりショックを受けました。

  • 「結婚願望があるなら、男の胃袋をつかめ」と格言のように言われています…

  • 「結婚したいなら、男性の胃袋をつかめ」と古くから言われていて、聞いたことのある人たくさんいるとは思いますが、あながち間違ってはいないと思います。というのは、結婚したなら、普通で考えれば、同じ屋根の下に暮らすことになります。そうすると、言うまでもなく、食事は毎日のことになるので、料理をするのが得意で家事が苦にならない女性が望まれるからです。でも、「あなたはどんな料理が得意ですか?」と男性に聞かれたとき、カレーライス、パスタと返答するのはタブーですし、あなたのイメージを悪くするので注意しましょう。男性というのはパスタでは満足感を得られません。それに、カレーライスの場合は、時間は掛かりますが、ありきたりな感じになってしまうので、市販のルウは使わない、ぐらいでないと得意な料理ですとアピールされても男性からの印象もあまり残りません。「どういった料理が得意ですか?」と男性に尋ねられたときに、お勧めしたいメニューは「親子丼」です。気取った料理でもありませんし、家庭的な雰囲気にピッタリなのですが、きれいに仕上げるのが意外に難しい料理でもあります。そのため、料理が本当に得意なんだ、と思ってもらうことができますし意外にも男性ウケする一品でもあるのです。ですから、実際に作成練習をしてみてください。